2018年6月29日金曜日

天売島

 さて、最終日は、朝一番、漁船でウミガラスの繁殖地へ行く予定。薄日もさして、波も穏やか、心配していた霧も大丈夫でした。
  
焼尻島を左手に見て、右手に天売島。
  

 さて、鳥たちは、昨日も見たウトウやケイマフリがたくさん出ていました。
  

 お目当てのウミガラスですが、断崖の中段にデゴイが一緒です。一番右端が本物のようです。

    

 朝一番で、予定していたウミガラスも見られて、あとは、島を歩いて見ます。
   
 何かの幼虫を運んでいるアリスイ、高らかにさえずるノゴマ。「ジョピンカケタカ」と大きな声でなくエゾセンニュウはどうしても見つからないので、模型を撮ってきました。


【天売島関連で観察した野鳥】ヒメウ、ウミウ、アオサギ、アマツバメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、ウミガラス、ケイマフリ、ウトウ、トビ、アリスイ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ウグイス、エゾセンニュウ、コムクドリ、ノゴマ、イソヒヨドリ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ 21種

Year List +3種(ウミガラス、ケイマフリ、ウトウ)で、207種
Life List +2種(ウミガラス、ケイマフリ)で、310種

 3泊4日で観察した鳥は、全部で55種。Year Listが17種、Life Listが6種。収獲がありました。

【野草】エゾニュウ、ゼンテイカ(エゾカンゾウ)、コオゾリナ、トリアシショウマ、レンゲツツジ、不明なセリ科の類、オオヤマフスマ、コバナアザミ

     


0 件のコメント:

コメントを投稿