2018年6月2日土曜日

6/2 里山散歩

 気象庁による季節区分では、6月から夏。ちなみに、天文学では、夏至から秋分までなので、今年は6/21からですね。旧暦では、一月ほど早くなるので、5/5の立夏から8/7の立秋まで。
 能書きはともかく、虫たちが、とても目立ちました。
 最初に見つけたのは、シャチホコガの奇妙な幼虫。久しぶりです。エノキの葉を食べていたのですが、食草を調べると、カエデ科、ニレ科、カバノキ科、クルミ科、ブナ科、ヤナギ科、バラ科など多食なようです。エノキは、従来ニレ科なのですが、最新の分類ではアサ科になっています。新分類(APGⅢ)になると、食草の記載も見直しが必要になってくるようです。
  
 前脚は長くはないのですが、中脚と後ろ脚は長くて不便だと思うのですが・・・。反り返っているときは、中脚と後ろ脚は畳んでいるようです。
 また、尾脚は棒状になってこれも不思議ですね。

 チョウは、ミドリシジミ、メスグロヒョウモン♂、ヒオドシチョウなど。
    

 トンボは、ショウジョウトンボ、オオアオイトトンボ(羽化直後)、チョウトンボ、クロイトトンボなど。
    




0 件のコメント:

コメントを投稿