2018年6月27日水曜日

大雪山旭岳

 低気圧直撃、風速18mの予報があったのでどうかと思っていたのですが、朝一番のロープウェイで、姿見駅まで上ることができました。
  

 ビンズイは撮れたのですが、カヤクグリ、ギンザンマシコ♂♀と思われる鳥たちは、ハイマツに潜り込んで姿を見せてくれません。だんだん強くなる風雨に、第3展望台から撤退したのは、8:30頃。1時間半、よく粘ったものです。

 この間に、高山植物を撮ってみました。エゾノツガザクラ、キバナシャクナゲ、メアカンキンバイ、ミネズオウです。
    

 9:00のロープウェイで降りる予定で、それまで、姿見駅から探鳥をしていたのですが、それから、延々5時間ロープウェイが運行中止。天気予報どおりで、低気圧が過ぎるのを待つほかありません。外人が短パンで山道を下山していきましたが、運行再開後に山麓駅で無事に食事をしているのには、ちょっと、あきれました。

 さて、やることもないので、姿見駅で外を眺めていると、ハクセキレイやノゴマが雪の上をちょろちょろ。

 1時間を過ぎた頃、ガイドさんがギンザンマシコが出たというので見に行ったのですが、すでに潜ってしまったようです。そんなことを繰り返していると、目の前に鳥が降りました。
 ギンザンマシコの♂です。ツアーの皆が一斉に外にでてみると、雪の上でなにやら食べていて、飛びません。絶好と思ったのですが、撮れたのは、真っ黒な鳥。補正が間に合わなかったのか、レンズが曇っていたのか・・・
  

 撮れない分は、パネルで補って、パチリ。あとは、名物のコロッケを食べたり、オハギを食べたり、ぐずぐず。
  


【観察した野鳥】ノゴマ、カヤクグリ、キセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ、ギンザンマシコ 6種

Year List +2種(ノゴマ、ギンザンマシコ)で、196種
Life List +1種(ギンザンマシコ)で、305種


【野草】ミネウオウ、エゾノツガザクラ、メアカンキンバイ、キバナシャクナゲ、イワガラミ、ウラジロナナカマド、ミズバショウ、エゾノリュウキンカ、マタタビ(葉)


0 件のコメント:

コメントを投稿