2018年1月14日日曜日

1/13 里山散歩

 昨日に続き、腰の様子見を兼ねて、鳥見に。どうも、ぎっくり腰は、痛みが治まってきたら、動かせる範囲で動かした方がよいようです。

 明け方は‐4℃だったようで、田んぼの畔ではタシギが固まって、お休み中。眠れない寒い夜を過ごしたのでしょうか。
2018_01_13__0218_edited1

 いつもオオタカがいるところには、今日はチョウゲンボウ。

2018_01_13__0220_edited1 2018_01_13__0222_edited1 

 池は、9割がた凍っており、凍っていないところの周りにズラリ。
 ハイタカが飛んできた時には、水しぶきを上げて羽ばたいて、大騒ぎ。たしかに目がくらむでしょう。それが、飛び立つときには知らん顔。まさかオオタカと勘違い?

2018_01_13__0230_edited1 2018_01_13__0234_edited1

 1羽だけ紛れ込んでいたオシドリは、地味という声があったのですが、どうも、オレンジの大きな銀杏羽が見当たらないようです。
2018_01_13__0275_edited1

 結局、1周りしてしまいましたが、左の腰をかばっているのか、左の腰からお尻にかけて張りがありました。この後、今日も、接骨院。どうも、ぎっくり腰より、四十肩の方が重症のようです。


【観察した野鳥】 キジ、オシドリ、オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キジバト、アオサギ、オオバン、タシギ、トビ、ハイタカ、ノスリ、コゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ルリビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 36種


0 件のコメント:

コメントを投稿