2017年9月14日木曜日

9/13 平磯

yottyさんのブログを見て、平磯を覗きに行きました。


海辺には、イソヒヨドリ、ウミネコ、ウミウと一緒にいるのはカワウ?


2017_09_13__0221_edited1_3
2017_09_13__0226_edited1_3
2017_09_13__0224_edited1_2


 


岩場にのんびりしていたのは、キアシシギ。非繁殖羽or若鳥なので、縞模様はありません。


2017_09_13__0117_edited1_3
2017_09_13__0192_edited1_3
2017_09_13__0200_edited2_3


 


結構、嘴の溝は長いのですが、まだ半分程度?メリケンキアシシギの若も縞模様はないようです。アメリカのHPでは、未成熟の個体について、以下の記載。写真はよく似ています。


Immature Description
Similar to nonbreeding adult, but gray breast and flanks faintly smudged and barred, and back feathers with some whitish tips.


「非繁殖羽の成鳥と似ているが、灰色の胸と脇腹は少し汚れた感じで縞模様もかすかに見られる。そして、背羽の先端にはいくつかの白い斑がある。」位の約でしょうか。


 




このほか、キョウジョシギの成鳥と若鳥(飛ぶ姿も)、メダイチドリの若鳥など。


2017_09_13__0373_edited1
2017_09_13__0245_edited1
2017_09_13__0254_edited1
2017_09_13__0296_edited1


 


そういえば、シノリガモもきていました。早いのですね。千葉の方でも、9月はじめに記録があったようです。


2017_09_13__0429_edited1


 


 


 


シノリガモ、カワウ、ウミウ、コサギ、メダイチドリ、キアシシギ、キョウジョシギ、トウネン、ウミネコ、オオセグロカモメ、ハシブトガラス、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ 14種


 


 
Year List +1種(メダイチドリ)で 227種 


 


 




 




 


0 件のコメント:

コメントを投稿