2017年2月4日土曜日

2017.02.03 坂田ヶ池

 天気も良く、予報では、風も強くないようなので、印旛沼のそばの坂田ヶ池へ。


 おなじみのコゲラやメジロを見てから梅林へ。ルリビタキ、ジョウビタキの♂に会いました。


2017_02_03__0959_edited2_2 2017_02_03__0961_edited1_2 2017_02_03__0967_edited1_2 2017_02_03__0969_edited1_2 


 


 梅は、よい香りがしていました。


2017_02_03__0972_2 2017_02_03__0973_2 


 


 今日は、トラツグミでもいないかと斜面を見て歩きますが、見つかるのは、アオジやシロハラ。ルリビタキの♀も見つけました。


2017_02_03__0978_edited1 2017_02_03__0988_edited1 2017_02_03__0985_edited2_2 


 








 この池では、寄ってくるのは、コガモやハシビロガモ。ちょっとほかとは違っているようです。オシドリも入っていて、眠そうでした。光の具合で様子が変わりますが、同一個体です。


2017_02_03__0979_edited1 2017_02_03__0991_edited1 


 


 お目当ては見つからず、ドラムの里のレストランで食事をしました。広場の桜が、もう花をつけていました。


2017_02_03__0993 


 


 帰り道、白鳥の郷によってみたものの、吹き飛ばされるような強風で、コハクチョウたちも身を寄せていました。


2017_02_03__0997_edited12017_02_03__0996


 


 














観察した野鳥】26種
コハクチョウ、オシドリ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カワウ、オオバン、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シメ、アオジ


 


※ 房総風土記の丘は、体験博物館「千葉県立房総のむら」に統合されていました。


 


 
















0 件のコメント:

コメントを投稿