2016年2月22日月曜日

2016.02.21 洞峰公園観察会

 洞峰公園の野鳥観察会



 RBWCのベテランの方々と一緒にお手伝い。参加者は20名ほど。



 昨日の雨が上がって、天気はまあまあ。鳥たちは2/17の下見の時よりも、多く見ることができました。



 今日は、参加していたKくんから、カラスの見分け方を教えてもらって、へーーそうだったんだと、勉強になりました。それは歩き方、ハシブトガラスは、歩くこともできるが、どちらかというと両足そろえて ピョンピョン跳ぶ歩き方が多いのに対して、ハシボソガラスは、両足を交互に出して歩くことが圧倒的に多い、ということです。



 参考 超図解!これがハシブトガラスだ!





 教えてもらってすぐに、ハシボソガラスを見ましたが、確かに、歩いていました。



 初めて参加した方から、混群のシジュウカラやエナガ、コゲラやメジロといろいろ見つけられて楽しいといわれ、よかったですね。でも、さすがに、遠くのエナガはなかなか、双眼鏡を合わせられなかったようです。



2016_02_21__1441_edited1
 カモたちも、よく入っている種は見られたようです。なお、ホシハジロは、首をうずめて寝ていて、後から気づいたので、探鳥会のカウントには入っていません。





【観察した鳥たち】 25種
ヒドリガモ、アメリカヒドリ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ







0 件のコメント:

コメントを投稿