2017年7月23日日曜日

ヌマガエル

 里山で、ヌマガエルを発見。生態系被害防止外来種、本来中部以西に生息している種が国内移入したものですが、茨城県では2015の調査(県博)で、利根川沿いで多く見つかっています。


 近くの里山でも、2016年の8月に見つかって以来、今年も6月、7月に見られました。


2017_07_22__8611
2017_07_22__8613


 


 特徴は、背中の隆条突起が疎らで短いこと(特に後肢はほとんど目立たない)、背中の斑紋が目立つこと、左右の目をつなぐv字型の斑紋があることで、この個体のように、背中線が見られるものもいるそうです。


 


 本州中部以西の種が関東以北へ持ち込まれたあと、定着して増加しているものと思われます。捕食圧が強く、在来種を圧迫する恐れがあるそうです。昆虫などだけではなく、オタマジャクシやニホンアマガエルも食べるようです。


 








0 件のコメント:

コメントを投稿